2011年08月08日

沖縄はハワイやグアムに負けてない

沖縄についての一人検証・・・

まず「世界的観光地」と一言に言っても、内容は千差万別です。

ハワイ・・・日本人とアメリカ人の保養地(カナダ人も)。ヨーロッパ人はほとんど見ない。
グアム、サイパン・・・ほぼ日本人。たまに香港人も見る。アメリカ人すら少数。
プーケット、バリ・・・ヨーロッパ人中心。
モルディブ、モーリシャス・・・ほぼヨーロッパ人中心

要するに、ヨーロッパ人が来るのはインド洋、せいぜい東南アジアまで。東南アジアは地理的に遠いですが、物価が安いのである程度航空費がかかっても割高感がさほどないのでしょう。

一方、アジア太平洋地域のリゾート地は、ほぼ日本人と北米人がターゲットとなります。

沖縄の難点としては、なによりその物価の高さです。日本では一番所得が低い地域ですが、世界的に見れば日本は非常に物価が高い国であり、外国人が訪れるのは容易ではありません。10年前の円高ピーク期は、比較的高給である在沖米兵たちすら、ドルが安すぎて思うように街に飲みに出られない、という状態でした。

というわけで、沖縄をリゾートとして売り込むとしても、従来は日本本土人ぐらいしか対象になりようがなかったのです。

もちろん、日本政府自体も、日本人を外に出して外国で金を使わせることには熱心でしたが、外国人観光客を国内に誘致することについては全く関心がなかったという事情もあります。「沖縄の政策」というより、日本の国策として外国人誘客はずっと軽視されていたのです。


ただし、日本政府はここ5年ほど前から、外国人誘客に非常に力を入れるようになりました。観光庁の発足も、主眼は外国人の誘致です。

沖縄に可能性があるとすれば、
@地理的に近い(ヨーロッパはやはり遠すぎる。アメリカからも遠い)
A直通の航空路線がある(那覇空港直行があるのは中国、韓国、台湾、香港といったところ)
B日本の物価に耐えられる富裕層が一定以上いる

そう考えると、やはり一番可能性があるのは中国でしょう。あの国の富裕層はとんでもなく金持ちですし、なにより人口規模が違います。市場としてはここに狙いを定めるべきでしょうし、実際、クルーズ船の誘致などかなり力を入れています。


現在、沖縄の年間入域観光客数は約580万人。数はここ10年右肩上がりですが、格安パック旅行の本土人ばかりで、外国人は40万人しかいません。外国人を増やさない限り、薄利多売構造はなかなか改まらないのが現状です。

というわけで、「いかにリッチな中国人を呼んできてがばっと金を使わせるか」。これが沖縄の将来プランとなります。
posted by りくと22de at 16:10| 沖縄旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

沖縄でダイビング中〜

沖縄でダイビング暦1年未満の初心者です。

体験ダイビング、OW講習、ファンダイビングと那覇市内のショップさんのお世話になっています。
体験2ダイブ申し込んだ時、シュノーケリングもしました。
朝8時ころ那覇市内のホテルに迎えにきてくれて夕方5時頃までにはホテルに送ってもらえます。
体験ダイビングは器材のレンタル代込みで2ダイブ15000円くらいでした。OPでシュノーケリングしたのでプラス1000円くらい。
その他お弁当代が500円程度。
どうせ1日船で出ているので体験ダイビングでも1本じゃ時間を持て余すので2本選択が正解でした。

ただしポイントは当日の天候や海況によって 無理なく楽しめる所をショップさんが選定する形になります。
なので 体験ダイビングではなくファンダイビングで 行きたいポイントが決まっている場合には リクエストは可能ですが、確実ではありません。
那覇市内には慶良間へダイビングツアーに行くショップさんが沢山あります。ファンダイビング2本で10000〜15000円程度だと思います。
この方法が一番安いと思います。

家内が船酔いしやすいので往復フェリーを利用して座間味で1泊して現地のショップさんを利用したこともあります。
フェリーで座間味まで行くのは時間がかかりすぎてちょっと・・・でした。
現地ショップさんのダイビングフィーは那覇市内のショップさんより若干割高な感じ。
なので往復フェリー代金+宿泊代金分高くつきました。
あいてる時間に古座間味ビーチでシュノーケリングしたり、島内観光に連れて行ってもらったり楽しめましたけど。
ポイントまで近いので船が苦手でも昼食は島に戻って食べられるのが良かったです。

宿泊が那覇市内で決まっているなら座間味日帰りですね。
それだとフェリーは時間がかかりすぎるので高速船利用になります。料金は往復で6000円ちょっとだったと思います。時間は1時間程度。
高速船は泊港の北側から出航しますが、そこまで自分で行く事になるのでちょっと面倒です。
ゆいレール利用だと美栄橋駅から徒歩ですが、15分くらいでしょうか。
人数によってはタクシー利用する方が良さそうです。
(私達はそういう予定の時は 泊港付近で安く泊れるピースランドに宿泊してます。かりゆしアーバンやオランジュール、ラッソ泊港も便利です。)
この方法で現地サービスを利用すると確実に高速船代金分高くつきます。
また、私達が利用しているショップさんはボートが出せないという日はめったに無いのですが、慶良間行き高速船はちょっと波が高いとすぐに欠航になってしまうので要注意。

なので自分で行って現地サービスに申し込む場合は フェリーでも1時間以内でいける渡嘉敷島もお勧めです。
渡嘉敷島付近も素敵なポイントたくさんありました。


座間味銀座から少し行って路地に右はいると
宅急便の代理店の看板がでてる少し手前だったかな
「三楽」さんたと読むのですが地元の方が行きます。
なにを食べても絶品です。
ネットや情報誌ではあまりでてないはずです。

「レストランまるみや」
沖縄のかやくご飯でジューシーあるのですが旨い!
おいしいのでぜひ行ってください。

posted by りくと22de at 19:29| 沖縄旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。